風物詩

風物詩

5月第2日曜日は母の日

5月の第2日曜日(2022年は5月8日)は「母の日」です。今回は母の日の由来やその日に多くの人が贈るカーネーションについて少しお話ししておきたいと思います。
風物詩

5月3日は憲法記念日

いよいよ春の大型連休(ゴールデンウィーク)が始まりました。 昭和の日から始まり、憲法記念日、みどりの日、こどもの日と続いていきます。 今回は憲法記念日に焦点を当ててお伝えしていきます。
風物詩

浜下り | ハマオリ | ハマウリ | 沖縄 | 奄美 | 2022年 | 風物詩

沖縄や奄美地方では旧暦の3月3日の年中行事として「浜下り」というものがあります。「女の節句」ではありながら女の子の健やかな成長と健康を願い、その祈りをささげるために浜へ下りるというところが沖縄や奄美の特徴です。
スポンサーリンク
風物詩

彼岸 | ぼたもち | おはぎ | 沖縄の彼岸 | 屋敷の御願 | 社日 | 社日祭 | 2022年 | 筥崎宮 | お潮井取り | 雑節 | 歳時記

2022年は3月16日は節分や八十八夜と同じ雑節の「社日(しゃにち)」です。また18日より同じように雑節で「暑さ寒さも彼岸まで」の「彼岸(ひがん)」迎えます。彼岸は、春は春分の日、秋は秋分の日をはさんで前後3日の7日間を言います。
風物詩

啓蟄ごろの風物詩・東大寺二月堂のお水取り

春を告げるとも言われる、奈良時代から続く「修二会」が東大寺二月堂で行事として行われます。修二会は東大寺が有名ではありますが、他にも薬師寺や法隆寺、長谷寺などでも盛大に行われています。東大寺の修二会は、現在では新暦の3月1日から14日に行われています。
風物詩

ひな祭り | 上巳の節句 | 桃の節句 | ひな人形 | 飾り方 | 九州 | 2022年 | 風物詩

ひな祭りや桃の節句と呼ばれている3月の行事ですが、本来は「上巳の節句」といい、もともとは300年ごろの古代中国で起こったものです。 その「上巳節」は旧暦の3月の最初の巳の日に春を寿ぎ無病息災を願う厄祓いの行事でした。
風物詩

2月23日は天皇誕生日

2月23日は「天皇誕生日」です。 天皇誕生日は祝日法では、文字通り「天皇の誕生日を祝う」祝日となっています。
風物詩

二十日正月 | ハチカソーグヮチ | ジュリ馬行列 | 沖縄 | 2022年

2022年は2月20日が旧暦1月20日にあたり、沖縄では「二十日正月(ハチカソーグヮチ)」です。この二十日正月の行事として那覇市辻町界隈で行われる「ジュリ馬行列」があります。
風物詩

バレンタインデー | 起源 | 風物詩

14日は日本でもメジャーな国民的行事となった「バレンタインデー」です。
風物詩

建国記念の日 | 建国記念日 | 紀元節

個人に誕生日があるように国にも創立の記念日があります。日本にも国家の誕生日がありますが、それは戦前、紀元節と呼ばれていた日です。現在の「建国記念のは建国記念日ではありません。歴史的に建国された日ではなく、日本という国があることを記念する、という意味が反映されています。
風物詩

初午 | 初午祭 | 稲荷 | 狐 | 初午団子 | しもつかれ | 九州 | 風物詩

2月最初の午に日は、五穀豊穣、商売繁盛、家内安全を願って各地で「初午祭」が行われます。本来は旧暦2月の最初の午の日ですが、現在では新暦2月の最初の午の日とされています。2022年は2月10日が初午の日です。
風物詩

事八日 | 針供養 | ことようか | はりくよう | お事汁

12月8日と2月8日(本来は旧暦)は、事を始めたり納めたるする大事な日として「事八日(ことようか)」といい、様々な行事が行われてきました。「事八日」には一年間お世話になった道具を片付け、供養する風習があります。その代表的な行事が「針供養」です。
風物詩

しっかり祝い、しっかり祈る沖縄の旧正月

2021年の旧正月は2月12日です。現在、沖縄の社会も「太陽暦(新暦)」をベースに動いていますが、旧正月などの行事や神事などは「旧暦(太陰太陽暦)」で行われています。
風物詩

2022年の節分はレギュラーな2月3日

節分は季節の移り変わりを的確に掴むために設けられた「雑節」(二十四節気・五節句・彼岸・社日・八十八夜・入梅・半夏生・土用・二百十日・二百二十日など)のひとつです。2022年の節分は2月3日です。
風物詩

初天神 | 鷽(うそ)替え神事 | 鬼すべ神事 | 2022年版

25日は「初天神」です。太宰府天満宮では7日に鷽替え神事並びに鬼すべ神事が行われます。
風物詩

大寒 | 長崎ランタンフェスティバル | もとぶ八重岳桜まつり | 2022年 | 風物詩

大寒という厳寒期の九州・沖縄の代表的イベントとして長崎ランタンフェスティバルと日本一早い花見と言われる沖縄の桜祭りがあります。残念ながら今年は新型コロナウィルス禍の中、中止や縮小のところが多いようです。
風物詩

端午の節句 | こどもの日 | 五月飾り | 粽 | 柏餅 | 鯉のぼり | 五節句 | 風物詩

5月5日はこどもの日、五節句の一つの端午の節句(菖蒲の節句)です。新型コロナウィルス禍で「ステイホーム」を余儀なくされている方も多いかと思われますが、こんな時こそお菓子を手作りしたり、ご家族でしっかりとお祝いしてみるのはいかがでしょうか。
風物詩

ひな祭り | 上巳の節句 | 桃の節句 | ひな人形 | 飾り方 | ジュリ馬行列 | 風物詩

3月3日はひな祭りです。また、2021年の3月3日は旧暦の1月20日にあたり、沖縄では正月の正月の祝い納めの「二十日正月(ハチカソーグヮチ)」で、那覇市辻では例年「ジュリ馬行列」が行われます。
風物詩

初午 | 初午祭 | 稲荷 | 狐 | 初午団子 | しもつかれ | 九州 | 風物詩

2021年は2月3日が初午の日です。京都の伏見稲荷をはじめ、大阪の玉造稲荷、愛知県の豊川稲荷など、各地の稲荷神社や稲荷社で盛大に五穀豊穣、商売繁盛、家内安全を願って「初午祭」が執り行われます。
風物詩

1月15日は小正月

小正月とは「正月」の終わりにあたる日で「女正月」「花正月」とも呼ばれています。朝は「小豆粥(あずきがゆ)」を食べて無病息災を願い、「餅花」を飾って豊作を祈ります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました