風物詩

風物詩

お彼岸・お彼岸の入りとは

彼岸は春は春分の日、秋は秋分の日をはさんで前後3日の7日間を言い、昨日はその最初の日「彼岸の入り」でした。 「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉をよく耳にされると思いますが、いよいよ本格的に春らしく暖かい日を迎えるのはもうすぐです。
風物詩

節分 | 豆まき | 柊鰯 | 恵方巻 | 子泣き相撲 | 最教寺 | 風物詩

2020年の節分は2月3日です。さてこの節分、実は年に4回あるのはご存じでしょうか。

節分は季節の移り変わりを的確に掴むために設けられた「雑節」(二十四節気・五節句・彼岸・社日・八十八夜・入梅・半夏生・土用・二百十日・二百二十日など)のひとつです。その内「節分」というのは季節の分かれ目という意味で立春、立夏、立秋そして立冬の前日のことを指します。

では現代のように節分というのが立春の前日を指すようになったのかは、立春が、もう一つの新年と捉えられていたため、その新年を迎える前日、つまり大晦日(年越し)として四つの節分の中でも最も重要な日となったことが受け継がれています。

風物詩

小寒 | しょうかん | 二十四節気 | 芹乃栄 | せりすなわちさかう | 七十二候 | 歳時記 | 松の内 | 寒中見舞い | 芹 | 七草粥 | きりたんぽ鍋 |どんど焼き

二十四節気は最も寒い本格的な冬の始まりを示す「小寒」となりました。七十二候も「芹乃栄(せりすなわちさかう)」に入りました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました