2020-12

歳時記

本年最後の七十二候は「雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)」

本年最後の七十二候は「雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)」です。雪の下で秋撒きの麦が芽を出すころです。
風物詩

「もういくつ寝るとお正月」の豆知識

何気なく「お正月」「元日」「元旦」という言葉を使っていますが、それぞれ意味があります。また、飾り物やお料理なども意味がちゃんと込められています。
風物詩

年越し | 年越しそば | 除夜の鐘 | 由来 | 九州 | 沖縄 | 風物詩

年越しの風物詩 さて今年も僅か、年越しの準備はいかがでしょうか。
歳時記

麋角解 | さわしかのつのおつる | トナカイ | ニホンジカ | ニホンカモシカ | 七十二候 | 歳時記

七十二候は冬至の次候「麋角解(さわしかのつのおつる)」と移ります。この「麋角解」は何かと解釈の難しい七十二候ですが、一般的には、オス鹿の角が落ちる頃とされています。
歳時記

暦は21日より二十四節気は「冬至(とうじ)」、七十二候は、その初候「乃東生(なつかれくさしょうず)」

暦は21日より二十四節気は「冬至(とうじ)」、七十二候はその初候「乃東生(なつかれくさしょうず)」と変わります。一年で一番昼間の短くなる頃であると同時に、当時を境に少しずつ昼間の時間が長くなっていきます。しかしながら寒さはこれからが本番です
歳時記

鮭が群れをなして川を遡上する「鱖魚群(さけのうおむらがる)」

16日より大雪も末候「鱖魚群(さけのうおむらがる)」となります。鮭が群れをなして川を上っていく頃です。この「鮭の遡上」を神秘的なものとしてとらえてきました。
風物詩

正月事始め | 事八日 | 事始め | 事納め | 針供養 | 煤払い | 大掃除

今年も残り少なくなり、何かと気忙しい中、追い打ちをかけるような話題で恐縮ですが、13日は正月事始めといい、正月の準備を始める日です。
歳時記

熊など動物たちが冬ごもりを始める「熊蟄穴(くまあなにこもる)」

朝晩の冷え込みも増し、北日本や日本海沿岸地域では雪の降り方も増してきました。 11日より七十二候は大雪の次候「熊蟄穴(くまあなにこもる)」となります。
歳時記

本格的な冬の到来、大雪・閉塞成冬

7日より暦では二十四節気は「大雪(たいせつ)」、そして七十二候は「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」と「冬」の文字が入ってきました。
歳時記

橘始黄 | たちばなはじめてきばむ | 右近の橘 | ポン酢 | 鱈 | 七十二候 | 歳時記

カレンダーも残り一枚、体感的にも冬本番に向っていることを感じます。2日より七十二候も小雪の末候「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」、橘の実が黄色く色づき始める頃となります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました