二十四節気

歳時記

本格的な冬への入り口、小雪(しょうせつ)・虹蔵不見(にじかくれてみえず)

2020年は22日から、二十四節気は「小雪(しょうせつ)」そして七十二候は小雪の初候「虹蔵不見(にじかくれてみえず)」と進んでいきます。
歳時記

立冬 | りっとう | 山茶始開 | つばきはじめてひらく | 木枯らし1号 | 二十四節気 | 七十二候 | 歳時記

2020年11月7日は二十四節気はの「立冬(りっとう)」。暦の上では立冬から立春までが冬とされていて、冬の始まりを告げるころです。そして七十二候は「山茶始開(つばきはじめてひらく)」となります。
歳時記

霜降 | そうこう | 霜始降 | しもはじめてふる | 重陽の節句 | カジマヤー祝い

暦も二十四節気は「霜降(そうこう)」、七十二候もその初候「霜始降(しもはじめてふる)」と移っていきます。沖縄では生年祝いでは最も盛大に行われる「カジマヤー祝い」、そして25日は旧暦の9月9日で五節句の一つの「重陽の節句(菊の節句)」です。
スポンサーリンク
歳時記

寒露 | かんろ | 鴻雁来 | こうがんきたる | 二十四節気 | 七十二候 | 歳時記

秋の気配が感じられる日が少しずつ増えてきました。暦は二十四節気は「寒露(かんろ)」そして七十二候は寒露の初候「鴻雁来(こうがんきたる)」と移っていきます。季節も「晩秋(ばんしゅう)」に入ってきました。
歳時記

入道雲の上に鱗雲。徐々に秋の気配を感じ始めます。

暦も22日より二十四節気は「秋分(しゅうぶん)」、七十二候は「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」と移っていきます。また19日より「秋彼岸」に入ります。
歳時記

ひと台風ごとに秋の気配、暦は白露・草露白へ

暦は7日に、二十四節気は「白露」と移り、七十二候は白露の初候「草露白(くさのつゆしろし)」となります。また9日は五節句の一つ「重陽の節句」を迎えます。
歳時記

処暑 | 綿柎開 | わたのはなしべひらく | 地蔵盆 | 二十四節気 | 七十二候 | 歳時記

猛暑、酷暑そして災害級の暑さと叫ばれる中、暦は二十四節気が「処暑」、七十二候は「綿柎開(わたのはなしべひらく)」と移っていきます。
歳時記

立秋そして涼風至。暦の上ではもう秋!?

暦は7日より二十四節気は「立秋」そして七十二候は「涼風至(すずかぜいたる)」となります。これからが猛暑も本番ですが、お決まりの言葉で「暦の上では秋」です。
歳時記

暑さ極まる大暑。土用の丑の日は栄養をつけて夏を乗り切ろう

今年は22日より本格的に暑くなる二十四節気は「大暑(たいしょ)」となり、七十二候もその初校の「桐始結花(きりはじめてはまをむすぶ)」と移ります。
歳時記

本格的な夏への序奏「小暑(しょうしょ)」「温風至(あつかぜいたる)」

暦は暑い時期の始まり「小暑(しょうしょ)」そして七十二候は「温風至(あつかぜいたる)」と移っていきます。また五節句の一つ「七夕(しちせき)」を迎えます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました