二十四節気

歳時記

本格的な夏への序奏「小暑(しょうしょ)」「温風至(あつかぜいたる)」

暦は暑い時期の始まり「小暑(しょうしょ)」そして七十二候は「温風至(あつかぜいたる)」と移っていきます。また五節句の一つ「七夕(しちせき)」を迎えます。
歳時記

夏到来を告げる「夏至」

沖縄地方は平年より11日早く「梅雨明け」しましたが、暦も二十四節気は「夏至(げし)」となり、七十二候も夏至の初候「乃東枯(なつかれくさかるる)」に移ります。
歳時記

芒種(ぼうしゅ)・蟷螂生(かまきりしょうず)

新型コロナウィルスもくすぶり続けていますが、暦は芒種(ぼうしゅ)・蟷螂生(かまきりしょうず)へと変わっていきます。
歳時記

小満(しょうまん)・蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

20日より二十四節気は「小満(しょうまん)」、そして七十二候は「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」となります。 奄美、沖縄地方は梅雨の時期に入りましたが、植物、とりわけ作物ににとっては、大事な「雨」です。そしてもうすぐ収穫の時期を迎える「麦」にとってはラストスパートの時となります。
歳時記

風薫る五月、暦は立夏そして蛙始鳴(かわずはじめてなく)

「夏も近づく八十八夜」も過ぎ暦の上では夏を迎える二十四節気の「立夏(りっか)」となります。そうです!歌も「卯の花の匂う~夏は来ぬ」と変わります。 そして七十二候は「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」へと移ります。
歳時記

穀雨 | こくう | 葭始生 | あしはじめてしょうず | 春雨 | あしとよし | 二十四節気 | 七十二候 | 歳時記

新型コロナウィルス感染拡大の中でも暦は粛々と進んでいきます。 19日より二十四節気は「穀雨(こくう)」、七十二候は「葭始生(あしはじめてしょうず)」となります。
歳時記

清浄明潔の清明、そして沖縄ではうりずんの季節です。

新型コロナウィルス感染の収束の見通しも立たない中でも暦は二十四節気「清明(せいめい)」そして七十二候は「玄鳥至(つばめきたる)」と移ってきます。沖縄では「うりずん」のとても過ごしやすい季節の真っただ中となり旧正月、旧盆と並ぶ三大行事の清明祭(シーミー)の墓参があちらこちらで開かれる頃です。
歳時記

春分の日 桜餅東西の違いは?

暦の中にも「春」の文字が入ってきました。二十四節気は「春分」となり、七十二候は「雀始巣(すずめはじめてすくう)」となりました。何かと世情は騒がしいですが、春は万民に等しくやってきます。
歳時記

啓蟄 | けいちつ | 蟄虫啓戸 | すごもりのむしとをひらく | 東大寺 | 修二会 | お水取り | 旬の食べ物 | 二十四節気 | 七十二候 | 歳時記

本格的な春ももうすぐそこです。二十四節気は「啓蟄(けいちつ)」、七十二候は「蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)」となります。冬ごもりしていた地中の虫たちもそろそろ春の訪れを感じ始めて活動を始める頃です。
歳時記

雨水 | うすい | 土脉潤起 | つちのしょううるおいおこる | 三寒四温 | 春キャベツ | 歳時記 | 二十四節気 | 七十二候

四国では2019年より7日早く12日に「春一番が観測されました。 九州でも吹きそうでしたが、吹きそびれたようで今週は一時的に寒さが戻りそうです。三寒四温を繰り返しながら季節は着実に春に向っています。 暦も二十四節気では「雨水(うすい)」に、そして七十二候も「雨水」の初候「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」となります。
タイトルとURLをコピーしました