歳時記

歳時記

草木萌動 | そうもくめばえいずる | 萌木色・萌黄色・萌葱色 | 上巳の節句 | ひな祭り | 歳時記 | 七十二候

実感としても着実に春が近づいているこの頃ですが29日より七十二候は雨水の末候「草木萌動(そうもくめばえいずる)」となります。 草木が萌え出す頃という意味ですが、木々の枝先を注意深く見ると固く閉じていた芽も少しづつ萌木色となってきているのを発見します。 また、旧暦2月の和風月名では「如月(きさらぎ)」と呼ばれていますが、別に「木の芽月(このめづき)」とも言われています。
歳時記

雨水 | うすい | 土脉潤起 | つちのしょううるおいおこる | 三寒四温 | 春キャベツ | 歳時記 | 二十四節気 | 七十二候

四国では2019年より7日早く12日に「春一番が観測されました。 九州でも吹きそうでしたが、吹きそびれたようで今週は一時的に寒さが戻りそうです。三寒四温を繰り返しながら季節は着実に春に向っています。 暦も二十四節気では「雨水(うすい)」に、そして七十二候も「雨水」の初候「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」となります。
歳時記

魚上氷 | うおこおりをいずる | 二十日正月 | ハチカソーグヮチ | ジュリ馬行列 | 沖縄 | 風物詩 |歳時記 | 七十二候

2020年2月14日、七十二候は立春の末候「魚上氷(うおこおりをいずる)」となります。凍りついた川や湖沼も少しずつ春の温もりで溶け出し、その下では春の気配を感じ始めた魚達が動き出します。沖縄では二十日正月です。
歳時記

黄鶯睍睆 | うぐいすなく | 梅 | 初午 | 十六日祭 | ジュウルクニチー | 沖縄 | 歳時記 | 七十二候

2020年は2月9日より七十二候は「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」、うぐいすが泣き始める頃となりました。そしてまた「初午」、沖縄では十六日祭(ジュウルクニチ)でもあります。

歳時記

立春 | 東風解凍 | はるかぜこおりをとく | 春一番 | 立春大吉 | 馬耳東風 | 東風吹けば雨 | 歳時記 | 二十四節気 | 七十二候

暦も一巡し新たな二十四節気・立春、そして七十二候の第1候・東風解凍がスタートします。

冬が極まり、春の気配が立ち始める頃となります。地面からは福寿草が顔を出し、九州などでは梅が咲き始めます。

歳時記

鶏始乳 | にわとりはじめてとやにつく | 雪の名前 | 風邪の予防 | 金柑 | 玉子 | 歳時記 | 七十二候

七十二候もいよいよ最後の候「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)となりました。これで暦も一巡し、次からは春を迎え新たな一年が始まります。 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつ) にわとりが春が近いと感じとり産卵のために鳥屋...
歳時記

水沢腹堅 | さわみずこおりつめる | 鷽(うそ)替え神事 | 初天神 | 旧正月 | 歳時記 | 二十四節気 | 七十二候

暦は大寒の次候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」になりました。七十二候もあと「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」を残すばかりとなります。
歳時記

大寒 | 款冬華 | ふきのはなさく | 長崎ランタンフェスティバル | もとぶ八重岳桜まつり |蕗の薹(ふきのとう) | 大寒卵 | 寒のグルメ | 歳時記 | 二十四節気 | 七十二候

二十四節気は最終節の「大寒」となり、一年で一番寒い季節となりました。また、七十二候も残すところあと今候を含めて三候となり「款冬華(ふきのはなさく)」となりました。
歳時記

雉始雊 | きじはじめてなく | 七十二候 | 歳時記 | 小正月

七十二候は小寒の末候「雉始雊(きじはじめてなく)」となりました。雉のオスがメスを求めて鳴き始める頃という意味です
歳時記

水泉動 | しみずあたたかをふくむ | 七十二候 | 歳時記 | 鏡開き | 十日えびす | 徒歩詣り | えびす銭

松もとれて七十二候は小寒の次候「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」となりました。
タイトルとURLをコピーしました