沖縄

歳時記

清浄明潔の清明、そして沖縄ではうりずんの季節です。

新型コロナウィルス感染の収束の見通しも立たない中でも暦は二十四節気「清明(せいめい)」そして七十二候は「玄鳥至(つばめきたる)」と移ってきます。沖縄では「うりずん」のとても過ごしやすい季節の真っただ中となり旧正月、旧盆と並ぶ三大行事の清明祭(シーミー)の墓参があちらこちらで開かれる頃です。
歳時記

福岡は桜の開花宣言、沖縄では「浜下り」

4月21日、開花予想通りに福岡で桜の開花宣言がありました。七十二候も春分の次候「桜始開(さくらはじめてひらく)」に移ります。いよいよ春爛漫の時季になります。
歳時記

魚上氷 | うおこおりをいずる | 二十日正月 | ハチカソーグヮチ | ジュリ馬行列 | 沖縄 | 風物詩 |歳時記 | 七十二候

2020年2月14日、七十二候は立春の末候「魚上氷(うおこおりをいずる)」となります。凍りついた川や湖沼も少しずつ春の温もりで溶け出し、その下では春の気配を感じ始めた魚達が動き出します。沖縄では二十日正月です。
歳時記

黄鶯睍睆 | うぐいすなく | 梅 | 初午 | 十六日祭 | ジュウルクニチー | 沖縄 | 歳時記 | 七十二候

2020年は2月9日より七十二候は「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」、うぐいすが泣き始める頃となりました。そしてまた「初午」、沖縄では十六日祭(ジュウルクニチ)でもあります。

タイトルとURLをコピーしました