夏越しの祓え

歳時記

いずれ菖蒲か杜若・菖蒲華(あやめはなさく)

暦は夏至の次候、菖蒲華(あやめはなさく)と移ります。不快指数の高い日が続きますが、池の畔や菖蒲園などで咲き誇る花菖蒲や寺院などの庭園を彩る紫陽花の花はそれぞれが一服の清涼剤となってくれます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました