水沢腹堅 | さわみずこおりつめる | 七十二候 | 歳時記

水沢腹堅 さわみずこおりつめる 歳時記
スポンサーリンク
水沢腹堅 さわみずこおりつめる

暦は25日より大寒の次候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」になります。大気の冷えがまさに底となるこの時期、池や沼の水面の氷は、溶けたり凍ったりを繰り返しながら厚みを増し、沢の水さえも凍る頃という意味です。七十二候もあと「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」を残すばかりとなります。

スポンサーリンク

水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

「水沢(さわみず)」とは、水のある沢のこと。「腹(あつ)く」とは厚くという意味で、流れる沢までも氷が厚く堅く張りつめるほど寒い時候といった意味合いになります。
小寒・大寒の候では、芹や蕗の薹、雉や鶏と動植物が登場して、春の兆しや微かな気配に意識を向かわせてくれますが、この候だけは厳冬の極みを象徴しております。地中や雪の下では春の兆しが始まっているとはいっても、地上は真冬そのもの、全国的には寒さの極致を迎え、寒さに対しては正念場の時季が到来したことを人々に伝えています。

この時期は寒さが極まり池や湖沼などの動かない水はもとより、ゆるやかに流れる堰の水まで凍りつく頃です。強い寒気が日本列島に流れ込みやすい時期でもあり、朝晩に氷点下に達する地域も広がって、各地で暴風雪や大雪を伴い、今年一番の冷え込みを観測しています。ちなみに、寒さの日本記録は−41℃で、明治35年1月25日に北海道の旭川市で観測されました。
また、長野県諏訪湖の3年ぶりの全面結氷など湖に厚く氷が張り詰め、冬の風物詩であるワカサギの穴釣りなども賑わうのでしょうが、今年は新型コロナウィルス禍のため、その風景もだいぶ様変わりしているようです。

氷には、様々な呼び方があり、地上にできた氷としては、「霜」や「氷柱(つらら)」が一般的ですが、樹木に付いた場合は「霧氷」や「樹氷」と呼ばれています。
沢の水など河川の水は凍ると「河氷」、湖の水は凍ると「湖氷」、海の水は凍ると「海氷」と呼ばれ、北海道のオホーツク海沿岸でこの時季から観測され始める「流氷」は「海氷」の一種です。

九州福岡では冬の絶景である宝満山から三郡山の稜線直下にある通称「難所が滝」の氷の芸術、大つらら・小つららも気になるところです。滝の水が凍ると「氷瀑(ひょうばく)」と呼ばれ、引力で勢いよく落下していた水が凍りついて、辺りの情景は動から静へと一転します。

難所が滝

また寒中においては、昔から僧俗を問わず「寒行」または「寒修行」が行われ、各地で武道や音曲などの「寒稽古」や「寒中水泳」が実施されてきました。
一年で最も寒いこの時季に、寒さから逃避するのではなく、寒さに積極的に向き合って、寒さに耐えて打ち克って、精神を鍛練しようという習わしです。

結詞

目には見えていなくても、すぐ隣まで来ている春を感じながらも、今年は寒さと同時に新型コロナウィルス、さらにはインフルエンザにも負けず、しっかりと対策・対峙して、凛とした心を持って、この厳冬を乗り越えていきましょう。

ちなみに25日(福岡の太宰府天満宮は7日)には初天神・鷽(うそ)替え神事・鬼すべ神事など新春のイベントがありますが、風物詩のカテゴリーにアップしておりますので、併せてご一読ください。

鶏始乳 にわとりはじめてとやにつく

さて新年明けて早いもので1月も終わりを迎えようとしていますが、七十二候は30日より最後の候の「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」と進んでいきます。次節はいよいよ春の始まりで暦では「立春」です。
ところで、今年の立春は公転の関係で2月3日になります。それに伴い、「節分」も2月2日になりますので、恵方巻や豆まきなどご注意ください。詳しくは改めて掲載いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました