水始涸 | みずはじめてかるる | 十五夜 | 十六夜 | 十三夜 | 風物詩 | 七十二候 | 歳時記

十五夜 十六夜 十三夜 お月見 歳時記
スポンサーリンク
十五夜 十六夜 十三夜 お月見

月も替わり、体感的にも「秋」が感じられるようになってきました。

2020年は3日から七十二候が秋分の末候「水始涸(みずはじめてかるる)」となります。

そして旧暦の8月15日(新暦10月1日)は「十五夜」で中秋の名月のお月見です。 さらに旧暦の10月(2020年は新暦11月)には出雲の国では神様たちのサミットが開かれます。

スポンサーリンク

水始涸(みずはじめてかるる)

水始涸 みずはじめてかるる

神様版サミットの議題である作物もこの時期収穫の時期を迎え、七十二候も「水始涸みずはじめてかるる)」となります。 井戸の水が枯れ始める頃との説もありますが、田んぼの水を抜き、稲刈りの準備をする頃と解する方が自然な感じがします。

十五夜・中秋(仲)の名月

2020年の10月1日は、旧暦の8月15日「十五夜」です。

中秋の名月」とも呼ばれています。

中には新暦の9月15日がその日だと思われている方も多いとは思いますが、中秋の名月は旧暦の8月15日の月を指しているので正確には今年は新暦の10月1日が十五夜で中秋の名月となります。 そして十五夜とは新月から15日目の月を言うのですが、実際の新月から満月までは月と地球の公転軌道の関係から14日から16日と若干の幅があり必ずしも十五夜が満月とは限りません。皆さんの地域ではお天気はどうでしょうか。

中秋の名月と仲秋の名月

余談にはなりますが、皆さんが「ちゅうしゅうのめいげつ」を漢字で書く場合に「中秋の名月」と書かれますか?それとも「仲秋の名月」と書きますか?

その答えは、どちらも「正解」です。

中秋と仲秋では若干意味が違いますが、旧暦8月15日の「月」を指していることには違いありません。そこでその違いを簡単にまとめておきましたので参考になさってください。

中秋とは

旧暦では7月・8月・9月を秋としていますので、ちょうどその真ん中の日すなわち8月15日を「中秋」と呼んでいます。ですから、8月15日の月を指しています。

仲秋とは

旧暦の7月を「初秋」、8月を「仲秋」そして9月を「晩秋」と呼んでいたので、8月の満月すなわち15日の月を指しています。

お月見のしつらえ

窓辺やベランダ、縁側や庭先にテーブルを置いて簡易の月見台を設えて、テーブルの上には収穫に感謝するお祭りに因んでお供え物を飾り、月の出を待ちたいものです。

ちなみに九州・沖縄8県2020年10月1日前後の月の出・月の入りは17時半過ぎには月が出て、翌朝4時過ぎから6時過ぎには沈みます。

またその際のお供え物は一般的には次のようなもので良いのではないでしょうか。

月見団子・・・12個(閏年は13個)また15個の満月のように丸く作り、積み上げた団子は米などの穀物の収穫に感謝する意味があります。

お月見団子

また丸くせず里芋のような形に作るところもあります。

お月見団子

沖縄では「ふちゃぎ」という餅に塩ゆでした小豆をまぶしたものを食べます。

フチャギ ふちゃぎ 沖縄

月見団子の場合その供える数も簡略化して5個でもかまわないようです。

サトイモ(きぬかつぎ)、サツマイモ・・・十五夜は別名「芋名月」と呼ばれ芋類の収穫に感謝する日でもあります。

ススキ・・・ススキは月の神様の依り代と言われています。本来は稲穂が依り代とされていたのですが、この時期に稲穂が無かったため稲穂に似たススキが代用されたようです。

十六夜(いざよい)

満月

十六夜は文字通り十五夜の次の夜の月を指し「じゅうろくや」と読みますが「いざよい」とも読まれます。

その「いざよい」の意味は、「躊躇う」=「いざよう」という動詞の名詞形です。

それを月に当てはめたのは、月の出の時間に関係しています。

月の出は30分程度日々遅くなっていくのですが、前夜に愛でた美しい月を再び見たいと思う気持ちに反して、月は前夜より遅く、まるで躊躇っているように出てくるので「いざよい」と表現したのだと言われています。 2020年は奇しくも十六夜である10月2日がちょうど満月となりますので、静かに満月を愛でてみたらいかがでしょうか。

十三夜

お月見は十五夜だけではないのはご存じでしたか?十五夜の他にも「十三夜」のお月見行事があります。

十三夜とは十五夜の後に巡ってくる十三夜をさし、旧暦9月13日(2020年は10月29日)のお月見のことをいいます。 その月は十五夜に次いで美しい月だといわれ、昔から大切にされてきました。

そして十五夜は中国から伝わった風習ですが、十三夜は延喜19年(919年)に宇多天皇が十五夜と同様に十三夜にも観月の宴を催したのが始まりと言われ、秋の収穫祭ではないかとも言われています。

観月会

また十五夜の「芋名月」と並んで、十三夜には栗や枝豆を供えることから「栗名月」「豆名月」とも言われています。 さらには十五夜、十三夜のどちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いといわれてきました。

結詞

新型コロナウィルス禍の中でも、お月見のように季節の行事を少しだけ取り入れることで季節感溢れた穏やかな日々を送れるのではないでしょうか。

農家の方々は収穫の秋まっ只中で、大忙しですが、黄金に色づいた稲穂が輝き、風の足跡が描く風景はとても美しく、刈り取った稲が稲木にかけられ、垣根のようにずっと続いている光景は、まさに日本の秋の原風景ですね。農家の皆さまのご苦労が実を結び、おいしい新米になりますように。

鴻雁来 こうがんきたる

これからどんどん秋が深まり、暦は二十四節気では「寒露(かんろ)」、そして七十二候は寒露の初候「鴻雁来(こうがんきたる)」と移っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました