実りの秋はもうすぐ!「禾乃登(こくものすなわちみのる)」

禾乃登 こくものみのる 歳時記
スポンサーリンク
禾乃登 こくものみのる

七十二節気は稲などの穀物が実り始める頃の「禾乃登(こくものすなわちみのる)」と移ります。

またこの時期は台風シーズンの「二百十日」「二百二十日」「防災の日」など災害に関する日がカレンダーに並びます。

そして沖縄では旧暦で行われる「お盆」が行われ、最終日にはご先祖の霊を送る「エイサー」が踊られます。

スポンサーリンク

禾乃登(こくものすなわちみのる)

禾乃登 こくものすなわちみのる

2日よりから二十四節気「処暑」の末候の禾乃登こくものすなわちみのる)に入ります。

稲が実り、その穂を垂らす頃です。待ちに待った収穫ももうすぐです。

「禾」という漢字は粟の穂が実ったところを表す象形文字で「いね」や「のぎ」とも読み、稲、稗、麦、粟などの総称だそうです。この時期、穀物の刈り入れ間近ですが、農家の方々はこの時期に多発する台風や大雨に気を抜けない時期でもあります。

二百十日 二百二十日

台風 二百十日 二百二十日

この時期、よく耳にする言葉で「二百十日(2020年は8月31日)」「二百二十日(同9月10日)」がありますが、立春から数えて210日目、220日目のこの時期、農作物に甚大な影響を与える台風に見舞われることも多い頃です。このふたつの雑節と合わせて八朔(同9月17日)が農家にとって三大厄日として戒められています。そして頃に吹く吹く秋の強風を野分(のわき・のわけ)と呼んでいます。

風が禍する二百十日などはその風をモチーフにして夏目漱石の「二百十日」や宮沢賢治の「風の又三郎」という小説を残しています。興味のある方は「読書の秋」に読まれてみるのも良いかもしれません。とりわけ「二百十日」は九州の阿蘇山が舞台となっている小説です。

また全国各地では風を鎮めると同時に豊作を願う「風祭り」が行われ、現在でも連綿と各地に残っています。

越中おわら風の盆

中でも富山県高山市八尾町内11か所で町流しが行われる「越中八尾おわら風の盆」は、哀愁を帯びた胡弓の音とともに越中おわら節に乗せて、坂の町を揃いの法被や浴衣姿で目深にかぶった編み笠の男女が古い街並みを流し、踊り歩きます。その独特な風情から多くの小説や歌の題材にもなっています。

この風物詩も今年は新型コロナウィルスの影響により中止となってしまいました。

防災の日

2020年も甚大な水害などで防災、減災が呼びかけられる一年となっていますが、9月1日は関東大震災が発生した日にちなんで1960年(昭和35年)に「防災の日」が制定され、犠牲者の慰霊とともに、災害に備えて避難訓練や防災用品の点検などを促す日でもあるのです。

防災の日

ということで「防災の日」にちなんで「まずは命を守る防災」ということを常日頃から念頭に置いておきたいものです。

そしてもう一度ご家族で「家族防災会議」的な話し合いをもって、以下の点を確認しておいたらいかがでしょうか。

非常持ち出し袋

家族の連絡手段

非難の際の経路と場所

最終的な家族の合流場所 等々

とにもかくにも、自らの命はもとより大切な人の命を守るための準備と行動が大切です。

人間は「自分のところは大丈夫だ」という正常性バイアスが働くそうです。

大丈夫なものなら避難などしたくないと思いがちですが、最悪のリスクを考慮する心構えが必要だと思います。

そのためには、気象庁や国土交通省などの防災に関する情報の精度がより高くなることを期待したいものです。

沖縄 旧盆

日本全国でも旧暦でお盆を行う所も少なくなりましたが、沖縄では旧暦を用いる三大行事(旧正月・清明祭・お盆)として脈々と続いています。日程だけではなく、細やかな風習も違います。しかもその内容も地域ごとに違いもあります。この記事では、最大公約数的な基本と言われている内容でお話を進めていきたいと思います。

沖縄のお盆は3日間で2020年は8月31日(月)~9月2日(水)で、多くの会社や商店などもお休みなるところもあります。

一般的には沖縄のお盆のスタートは旧暦の7月7日の七夕(2020年は8月25日)の墓の掃除を兼ねた「墓参り」から始まります。

そしてお盆期間の1日目は「ウンケー」といい祖先の霊をお迎えする日です。

ウンケーの日は、朝、仏壇のお掃除をしながら、三日間の供え物や飾り物を整えます。

そのお供え物の中で沖縄独特のものといえば、ご先祖様が家まで歩く際に使う「杖」の代わりやお土産を持ち帰る時の天秤棒になる「サトウキビ」と「ガンシナ」と呼ばれるクバの葉を輪に編んだもので、これもお土産を頭の上に乗せて持ち帰る時に使うものです。ガンシナはもともと一般の人たちがものを頭の上に乗せて運搬するときに日常的に使われていました。あとはご先祖様は夕方から帰ってくると言われているので、夕飯として「ウンケージューシー(沖縄風炊き込みご飯)」と用意します。

2日目は「ナカビ、ナカヌヒー」といい、親せきなどにあいさつ回りする家庭も多いようです。

昼食としてソーメンやにゅうめんを食べますので、それを仏壇にもあげます。

そして3日目は家族が集まりこの一年の出来事の報告をご先祖様に行い、家族揃って祖先の霊をあの世にお見送りする旧盆行事でもっとも重要な「ウークイ」です。

沖縄の行事の時には必ず登場するウサンミ(御三味)と呼ばれる重箱料理が食卓や仏壇に彩ります。

沖縄 重箱料理 ウサンミ 御三味

この重箱料理には豚の三枚肉の煮つけや魚の天ぷら、カステラかまぼこや揚げ豆腐、返し昆布や赤かまぼこ、さらに大根やゴボウを煮付けた料理が詰められています。

家族や親族の絆を再確認しながら、料理を賑やかにいただいた後に、いよいよご先祖様を送る儀式に移ります。

ウチカビ 紙銭

一同が仏壇の前に集まり、改めてお参りし、あの世のお金と言われる「ウチカビ」を燃やします。沖縄ではウチカビを安全に燃やすために金属製のボールやトングをセットにしたものがホームセンターなどで売っています。

ウチカビ 紙銭

その火はお酒で消して、そのボールの中に重箱料理や線香、お花などを入れて門口に持っていき、お線香を焚いてお見送りして終了です。

エイサー

沖縄の旧盆の風物詩といえば、ウンケーの日中心に辻々で踊られる「エイサー」は今や全国的に有名になりましたが、祖先の霊を送るため、若者たちが歌と囃子に合わせ、踊りながら地区の辻々を練り歩く沖縄県と鹿児島県奄美群島でお盆の時期の伝統芸能です。

エイサー

その名の由来は定かではありませんが、浄土宗系念仏歌に挟まれる囃子の一つ「エイサー、エイサー、ヒヤルガエイサー」から来ているとされる説と古い琉球の歌謡集である「おもろそうし」の中に記述のある「ゑ(えさ)おもろ」が語源になったという説が有力です。

結詞

稲といえば「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉が頭に浮かびます。幾たび年齢を重ねてもおごることなく努力をつづけたいものです。

白露

またカレンダーも早いもので残すところあと4枚、一年の1/3となり年々月日の経つのが早く感じられますが、暦も二十四節気は「白露」そして七十二候は「草露白(くさのつゆしろし)」と移っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました