天地始粛 | てんちはじめてさむし | 秋の七草 | 七十二候 | 歳時記

天地始粛 てんちはじめてさむし 歳時記
スポンサーリンク
天地始粛 てんちはじめてさむし

28日より七十二候は、その次候の「天地始粛(てんちはじめてさむし)」と移ります。未だ残暑厳しく、猛暑日を観測する地点も多くありますが、ふとした瞬間に少しずつ気温の変化が感じられるようになってきます。そろそろ「秋の七草」にも出会う頃が近づいてまいります。

スポンサーリンク

天地始粛(てんちはじめてさむし)

今年は太平洋高気圧とシベリア高気圧の二段構造の気圧配置から例年になく災害的な気温が記録されていますが、その太平洋高気圧も徐々に後退し始め、天気図でも秋雨前線が北の方から出現し夏と秋がせめぎあっているかのような気圧配置になってきています。

この前線が「秋」を運んできてくれるのはいいのですが、「記録的」「観測史上」という言葉を冠した大雨で人的被害も出ることも多くなってしまっています。また「二百十日(にひょくとおか)」を前にして本格的な「台風シーズン」ともなります。

天地始粛 てんちはじめてさむし

さて、天地始粛の「粛」という漢字は縮む、しずまる、おさまるという意味の字だそうですが夏の気も落ち着き始める頃という意味です。実際、残暑厳しいながら、気象情報などでは、北から「寒気」が南下してなどというアナウンスを聞くことも徐々に増えてきます。

沖縄でも未だ真夏のような陽気が続いていますが、それでも夕方4時過ぎくらいから少しずつ気温が下がってきて、ウォーキングをしていても8月前半よりは楽になり、季節感の乏しい沖縄でも秋の気配を感じさせてくれます。また今年は新型コロナウィルスのため訪沖客も少なく、ビーチなども一足早く静かさを取り戻し、秋の風情を感じさせています。

ただ、たて続きに台風が接近し、勢力的には大したことはないのですが、油断は禁物です。近海の海水温が未だ下がらない現状では、いつ大きな災害をもたらす台風が来ても不思議はありません。

秋の七草

話は換わりますが、春の七草と同様、秋にも七草があるのはご存知の方は多いと思います。

春の七草は1月7日の「七草がゆ」がメジャーとなっていますが、一方「秋の七草」は一部食用とされるものもあったり、生薬となるものもありますが、一方で有毒成分が含まれているものもありますので、食べるより季節の移り変わりの風情を愛でる観賞に留めておく方がよさそうです。

そこで改めて秋の七草を以下にご紹介をしたいと思います。

女郎花 おみなえし オミナエシ

おみなえし 女郎花

恋に破れて身投げした女の脱ぎ捨てた山吹色の衣が、この黄色い花になったといいます。その根には消炎作用があるといわれています。

尾花 すすき ススキ

すすき 薄 おばな 尾花

穂が出た状態は動物の尾に見立てて「尾花」といい、草が茂っている様子が「薄(ススキ)」と呼んでいます。ススキは「茅(カヤ)」とも呼ばれ、これで葺いた屋根を「茅葺屋根(かやぶきやね)」といいます。また根や茎には利尿作用があるそうです。

桔梗 ききょう キキョウ

ききょう 桔梗

あの清楚な紫色の花期は夏ですので、夏の着物のデザインによく使われています。その根は太く、喉に効くことから生薬として利用されることもあります。

撫子 なでしこ ナデシコ

なでしこ 撫子

愛児を失った親が、その子の愛した花を形見として撫でたことに由来し、別名「片身花」ともいいます。日本女性の代名詞「大和撫子」はこの花からきていて、サッカーの日本代表女子を「ナデシコジャパン」の愛称ともなりました。

藤袴 ふじばかま フジバカマ

ふじばかま 藤袴

乾燥させると香りが強く、桜餅のような香りがするため、平安時代の貴族たちは湯に入れたり、衣服や髪につけていたといわれています。

葛 くず クズ

くず 葛

茎で籠や布を織り、根から採取したでんぷんがくず粉となるのはご存じの方も多いと思います。また落語でも有名な「葛根湯」はこの葛の根を乾燥させたものです。

萩 はぎ ハギ

はぎ 萩

「萩」とは「秋に咲く草」という意味で、お彼岸の「おはぎ」はこの萩からきています。

覚え方

秋の七草を諳(そら)んじられる方は、それほど多くはないのでしょうか。そこで秋の七草の覚え方をご紹介します。

まずは「春の七草」の「せり・なずな ごぎょう・はこべら ほろけのざ すずな・すずしろ」というように五七調で覚える方法です。

秋の七草では「はぎ・ききょう くず・おみなえし・ふじばかま おばな(すすき)・なでしこ」

この覚え方も、繰り返し口ずさむことによって、自然と口をついて出てくるようです。

別の方法としては「お好きな服は?」の頭の一文字を覚えるとよいそうです。

」   おみなえし

」   すすき(おばな)

」   ききょう

」   なでしこ

」   ふじばかま

」   くず

」   はぎ

いずれにしても、これから褐色に染まってくる秋の野にひっそりと清楚で可憐に咲く「秋の花々」愛でる気持ちと季節感を味わう心とともに持って、覚えやすい方法で覚えてみたらいかがでしょうか。

秋の七草の由来

さてこの「秋の七草」の由来ですが確定的ではないようですが、一応、山上憶良(やまのうえのおくら)が「秋野に咲きたる花を指折り(およびおり)かき数ふれば七種(ななくさ)の花」(万葉集巻八1357)、「萩の花、尾花(おばな)、葛花(くずばな)、撫子(なでしこ)の花、姫部志(をみなえし)また藤袴(ふじばかま)、朝貌(あさがほ)の花」(万葉集巻八1538)という歌を詠んだのが由来とされています。

最後の「朝貌の花」については、木槿(むくげ)、桔梗、朝顔など諸説ありますが、現在では「桔梗(ききょう)」であろうという説が最も有力な説となっています。

結詞

暑さも少しずつ和らぎ、と同時に新型コロナウィルスも収束に向かい、穏やかな気持ちで可憐で清楚な花を愛でながら秋の日々が戻ってくることを願いたいものです。

禾乃登 こくものみのる

暦は台風最盛期となる「二百十日(にひゃくとおか)」、沖縄では三大行事の「旧盆」そして七十二候は処暑の末候「禾乃登(こくものすなわちみのる)」と移っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました