桃始笑 | ももはじめてわらう | 桃 | 桃色 | 桃太郎 | 木蓮 | 辛夷 | こぶし | 七十二候 | 歳時記

桃の花 歳時記
スポンサーリンク
桃の花

七十二候も春を感じさせてくれる字句が多くなってきました。2020年は3月10日より啓蟄の次候、第八候の「桃始笑(ももはじめてわらう)」に変ります。 桃は古来中国では邪気を祓う神聖な木として信じられていると同時に日本でも古事記ではイザナミの死後のイザナミとの間の話で桃を鬼にぶつけた話などが書かれています。

桃始笑(ももはじめてわらう)

ここで使われている「笑」という字は花が咲くことを意味しています。桃は梅と桜の間に時季に咲き出し、山野に彩を加えていきます。

ちなみに春の季語ともなっている「山笑う」の笑うも花ではありませんが木々の芽吹きを表しています。 ここでも春の訪れを感じ、心の昂揚感を表現する感性をあらためて感じることが出来ます。

桃の花

桃の花

桃の花は私にとってもお遍路の際に訪ねた朝倉の医王山・南淋寺の麓の畑が咲き誇った桃の花で埋め尽くされていたのが脳裏にくっきりと焼き付いています。

桃の花は濃紅から白色まで色も様々であるとともに枝垂れ桃など品種も豊富で桜ともよく似ています。その違いと言えば、桜は花柄が長く枝から房状に花が咲き、花びらの先を見ると割れています。一方、桃の花は花柄が短く枝に沿うように咲き、花びらの先が尖っています。 桃か桜か迷ったら花びらの先を見てみるといいですね。

桜の花

桃色

桃色

桃色と言えば女性やセクシーなことを想起させられてしまいがちですが、実は万葉の頃から存在する色目なのです。

古くは桃の花のような紅い花で薄く染めた色をいいましたが、今日では必ずしも桃の花等で染めた色のことだけではなく淡い赤色を読んでいます。 海外でも桃の花のように鮮やかなピンク色をピーチブロッサムという色名が使われています。

桃太郎の出生の秘密

桃と言えば「桃太郎」。

桃太郎

どなたも詳細は正確でなくても大筋のあらすじはご存じと思います。

そのストーリーは「川に選択に行ったおばあさんが川上から流れてきた桃を持ち帰り、その桃から産まれたのが桃太郎で、、その桃太郎が成長しイヌ、サル、キジを家来にして鬼退治に行き、鬼が悪事の結果集めていた財宝を取り返し郷里に凱旋した」という典型的な勧善懲悪のお話ではなかったでしょうか。 このストーリーは明治以降道徳教育の材料として普及したお話で、それより以前ではとても栄養価の高い桃のタネの中にある「桃仁」をお爺さんともども食べたことにより若返り・精力がみなぎったため再び子作りもできるようになって産まれてきたのが桃太郎だったというお話が主流だったようです。

辛夷(こぶし)と木蓮(もくれん)

この時期桃の他にも愛でたい花のコブシ(辛夷)の話題もよく聞かれるようになります。

辛夷 こぶし コブシ

このコブシと非常によく似た花でハクモクレン(白木蓮)がありますが、桃と桜以上に見分けのつきにくい花です。

白木蓮 はくもくれん ハクモクレン

桃などは北海道・沖縄以外では梅→桃→桜と順序良く咲いてくれますが、コブシとモクレンは花期も重なっているためさらに見分けが難しくなっています。

そこで見分け方をご紹介しておきたいと思います。

まずそれぞれの花についてですが

コブシは日本原産で花期は3月から5月。色は白です。

それに対してモクレンは中国原産で色は紫色と白色です。 モクレンは一般的に紫色のものを指し、紫木蓮(しもくれん)と呼ばれていて花期は4月から5月です。よくコブシと間違えやすい白色の方は白木蓮(ハクモクレン)と呼ばれ花期は3月から4月です。

こぶしともくれんの見分け方

それぞれの花や咲き方の違いをまとめておきます。

  • 花が咲いている時の葉

コブシ・・・花の付け根に一枚の葉

モクレン・・花が終わってから葉が出てくるので花には葉がない

  • 花の大きさ

コブシ・・・小

モクレン・・大

  • 花の数

コブシ・・・多

モクレン・・少

  • 花芽のつき方

コブシ・・・横向きか下向き

モクレン・・上向き

  • 花の咲き方

コブシ・・・花弁が全開

モクレン・・すぼまり気味に咲く

このように若干の違いはありますが、一番の見分け方は

花の下に一枚の葉がある方がコブシ、無い方がハクモクレン

下から見上げた時に花の中心が良く見えるのがコブシ、見えにくいのがハクモクレンと覚えていてください。

最後に

木蓮 紫木蓮

春は着実に近づいています。それでも寒の戻りで幾分冷え込む日もありますし、新型コロナウィルスもいつ収束するかはっきりしませんが、梅、桃、木蓮と春の訪れを知らせてくれる花たちを愛でる心を持ちながら本格的な春本番の桜や紫木蓮を待ちたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました