2020-03

歳時記

雷乃発声 | かみなりすなわちこえをはっす | 七十二候 | 歳時記

30日より暦は春分の末候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」になります。春の訪れを告げる春雷が鳴り始める頃となります。

歳時記

福岡は桜の開花宣言、沖縄では「浜下り」

4月21日、開花予想通りに福岡で桜の開花宣言がありました。七十二候も春分の次候「桜始開(さくらはじめてひらく)」に移ります。いよいよ春爛漫の時季になります。
歳時記

春分の日 桜餅東西の違いは?

暦の中にも「春」の文字が入ってきました。二十四節気は「春分」となり、七十二候は「雀始巣(すずめはじめてすくう)」となりました。何かと世情は騒がしいですが、春は万民に等しくやってきます。
風物詩

お彼岸・お彼岸の入りとは

彼岸は春は春分の日、秋は秋分の日をはさんで前後3日の7日間を言い、昨日はその最初の日「彼岸の入り」でした。 「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉をよく耳にされると思いますが、いよいよ本格的に春らしく暖かい日を迎えるのはもうすぐです。
歳時記

春の到来間近の「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」

2020年は3月15日より七十二候は第九候・啓蟄の末候の「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」に移ります。 啓蟄の次は二十四節気も「春分」へと進み、本格的春の到来ももう間近です。一面に咲き乱れる菜の花などの花々の間をひらひらと飛び回る蝶たちは、まさに春の訪れを告げてくれるシンボル的存在のひとつです。 さらに16日は「春の社日」、土地神様も降りてきて翌日よりは農業も本格的にスタートしていきます。
歳時記

桃始笑 | ももはじめてわらう | 桃 | 桃色 | 桃太郎 | 木蓮 | 辛夷 | こぶし | 七十二候 | 歳時記

七十二候も春を感じさせてくれる字句が多くなってきました。2020年は3月10日より啓蟄の次候、第八候の「桃始笑(ももはじめてわらう)」に変ります。 桃は古来中国では邪気を祓う神聖な木として信じられていると同時に日本でも古事記ではイザナミの死後のイザナミとの間の話で桃を鬼にぶつけた話などが書かれています。
歳時記

啓蟄 | けいちつ | 蟄虫啓戸 | すごもりのむしとをひらく | 東大寺 | 修二会 | お水取り | 旬の食べ物 | 二十四節気 | 七十二候 | 歳時記

本格的な春ももうすぐそこです。二十四節気は「啓蟄(けいちつ)」、七十二候は「蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)」となります。冬ごもりしていた地中の虫たちもそろそろ春の訪れを感じ始めて活動を始める頃です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました