2020-01

歳時記

鶏始乳 | にわとりはじめてとやにつく | 雪の名前 | 風邪の予防 | 金柑 | 玉子 | 歳時記 | 七十二候

七十二候もいよいよ最後の候「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)となりました。これで暦も一巡し、次からは春を迎え新たな一年が始まります。 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつ) にわとりが春が近いと感じとり産卵のために鳥屋...
歳時記

水沢腹堅 | さわみずこおりつめる | 鷽(うそ)替え神事 | 初天神 | 旧正月 | 歳時記 | 二十四節気 | 七十二候

暦は大寒の次候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」になりました。七十二候もあと「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」を残すばかりとなります。
歳時記

大寒 | 款冬華 | ふきのはなさく | 長崎ランタンフェスティバル | もとぶ八重岳桜まつり |蕗の薹(ふきのとう) | 大寒卵 | 寒のグルメ | 歳時記 | 二十四節気 | 七十二候

二十四節気は最終節の「大寒」となり、一年で一番寒い季節となりました。また、七十二候も残すところあと今候を含めて三候となり「款冬華(ふきのはなさく)」となりました。
歳時記

雉始雊 | きじはじめてなく | 七十二候 | 歳時記 | 小正月

七十二候は小寒の末候「雉始雊(きじはじめてなく)」となりました。雉のオスがメスを求めて鳴き始める頃という意味です
歳時記

水泉動 | しみずあたたかをふくむ | 七十二候 | 歳時記 | 鏡開き | 十日えびす | 徒歩詣り | えびす銭

松もとれて七十二候は小寒の次候「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」となりました。
風物詩

小寒 | しょうかん | 二十四節気 | 芹乃栄 | せりすなわちさかう | 七十二候 | 歳時記 | 松の内 | 寒中見舞い | 芹 | 七草粥 | きりたんぽ鍋 |どんど焼き

二十四節気は最も寒い本格的な冬の始まりを示す「小寒」となりました。七十二候も「芹乃栄(せりすなわちさかう)」に入りました。
歳時記

新春のご挨拶 | 雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)| 七十二候 | 歳時記 | 正月 | 豆知識 | 元日・元旦 | 門松 | しめ縄・しめ飾り | 鏡餅 | おせち料理 | お屠蘇

新年早々七十二候は雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)の候となりました。 雪の下で秋撒きの麦が芽を出すころです
タイトルとURLをコピーしました