金盞香(きんせんかさく)| 七十二候 | 諸説 | 水仙| 金盞花| 新蕎麦

水仙 ニホンスイセン 金盞香 きんせんかさく 歳時記
スポンサーリンク

徐々に冬らしさも感じ始めましたが、七十二候は立冬の末項「金盞香きんせんかさく)」となりました。

金盞香(きんせんかさく)

さて、この「金盞香」のきんせんかは「水仙を指す」という説や「正しく金盞花(キンセンカ)を指す」など諸説あり七十二候解釈の論争の一つとなっています。

一般的に言われているキク科のキンセンカではなく「水仙」を指すという解釈が多いようですが、水仙(ニホンスイセン)、金盞花(ホンキンセンカ)の両方をご紹介して参ります。

また金盞香は「きんせんかさく」と読んでいますが、「きんせんこう(香)ばし」と読ませている方もおられます。

水仙(ニホンスイセン)

水仙 ニホンスイセン 金盞香 きんせんかさく

水仙は別名「雪中花」「金盞銀台」とも言われ寒さの中に健気に咲くその姿は「春の訪れ」を予感させ、冬の枯れ山の中で咲くとして縁起物とされる縁起物の花としてお正月の床の間の生け花に彩りを添えるものとして用いられることも多いです。

皆さんがお気づきになる水仙の花の特徴として中心にある筒状の部分があります。

副花冠(ふくかかん)といってこれが金の盞(盃)に見え、外側の白い部分が銀台に見立てることによって前述の「金盞銀台」という別名が生まれたものと思われます。

その銀台に見立てられた白い花びらのように見える部分は6枚あり外側3枚は萼(がく)で、内側3枚のみが花弁だそうです。二つをあわせて花被片(かひへん)と呼びます。

ところで仄かで上品な香りを放つ水仙ですが、実は有毒植物で誤って食べてしまうと食中毒症状を引き起こします。

強い吐き気を伴うためその大部分が吐き出され死に至るような重篤な症状には稀にしか至らないようですが、死亡例もあり危険なことには変わり在りませんのでくれぐれもニラと似ているからなぞといって食べませんようにご注意を!

また家庭菜園をされている方は用心のためニラやあさつきなどと並べて植えないようにしてくださいね。

九州の主な水仙の名所

金盞花(キンセンカ)

金盞花 キンセンカ ホンキンセンカ

昨今ではキンセンカ=マリーゴールドの印象が強いですが、ここではもうひとつの説の金盞花(ホンキンセンカ)をご紹介します。

この花は中近東原産の植物で中国を経て伝来したもので一般的に「キンセンカ」または学名を音読みした「カレンデュラ」の名で流通しています。

花が金色で盞の形が和名の由来となっています。

渡来した品種は二つあって、ホンキンセンカとトウキンセンカです。

ところが当初、先駆けて渡ってきた可憐で寒さに強いホンキンセンカ(冬知らず)がよく育てられていたのですが、江戸後期ごろになると、花が大きなトウキンセンカが盛んに作られるようになり、濃い橙色のあざやかさがうけたのか、「地味な子」のホンキンセンカは次第に忘れられていったようです。

原産地では胃腸障害や虫刺されなど薬用に用いられたりチーズやバターの色付けにも利用されました。

ちなみにポットマリーゴールドではないマリーゴールドはキンセンカとは同じ「キク科」ですが別種でホンキンセンカやトウキンセンカ、ポットマリーゴールドは「キンセンカ属」で単なるマリーゴールドは「マンジュギク属」「コウオウソウ属」です。

マリーゴールド

さらにキンセンカ属の方は薬用ハーブとして利用されますが、「マンジュギク属」は根に線虫対する防除効果あります。

だんだんややっこしくなってきましたね。

新蕎麦

さて気分を変えてこの時期美味しくなるの「蕎麦」ですよね。

市中の蕎麦屋さんに「『新蕎麦』入荷しました」の幟を見かけるようにまります。

新そばはソバが収穫されてから凡そ1~2ヶ月で提供される蕎麦を新蕎麦と呼びます。 

新蕎麦は色・味・香りが最も優れ、蕎麦を食べるのに一番適していると言われています。

実はこの新蕎麦、春(主に5~6月)=「春新」や夏(主に6~8月)=「夏新」に収穫した新ソバも存在するのをご存知でしたか。

一般的には秋(主に10~12月)=「秋新」に収穫されたものを指しますが、「秋新」がなぜ中心に美味いと言われるのでしょうか。

それは蕎麦が美味しくなる条件として、蕎麦の成熟期に昼夜の寒暖差が10℃程度と大きく、日中の気温も25℃程度で高くなり過ぎないことがよい条件とされています。

このことから秋に収穫されたソバの実を使用して、秋から冬の初頭にかけて作られた旬の蕎麦は、香りが高く、味も格別である。これを新蕎麦といい重宝する風習が古くからあるのです。

同じ新蕎麦でも初夏から夏(6月から8月中旬)に収穫されたソバの実で作られた蕎麦は、早刈り蕎麦ともいわれ、夏場に新蕎麦として提供できるのはありがたいのですが、秋以降に収穫する新蕎麦と比較するとやや香りや味がやや劣るようです。

それでも昨今の栽培技術の進歩ではだいぶ品質も向上しているようです。

新蕎麦 ざるそば

あぁこんなことを書いているとツルっとざるそばが食べたくなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました