7月3日 ソフトクリームの日

今日は何の日

今日7月3日は「ソフトクリームの日」です。

東京都品川区荏原に事務局を置き、美味しいソフトクリーム作りに励む会社で構成される日本ソフトクリーム協議会が1990年(平成2年)に制定しました。

1951年(昭和26年)のこの日、明治神宮外苑で行われた米軍主催の「アメリカ独立記念日」(7月4日)を祝うカーニバルで、ソフトクリームの模擬店を立ち上げ、日本で初めてコーンスタイルのソフトクリームが販売され、初めて一般の日本人がソフトクリームを食べました

同年9月には百貨店で本格的に販売され、人気を呼びました。
アイスクリームをコーンスタイルで食べるという食べ方は、今では身近になったが、当時の日本人にとっては、珍しくて、かっこいい食べ方でした。

ちなみに「ソフトクリーム(Soft cream)」は和製英語で、英語では「soft serve ice cream」であり、これを略して「soft serve」または「soft ice」などと呼ばれています。

牛乳が主原料であるため、酪農牧場の売店では必ずと言っていいほど販売されていますが、ソフトクリームのフレーバーとしては、ミルク(牛乳)やバニラ、チョコレート、ストロベリー、抹茶、メロン、バナナ、キャラメル、コーヒー、ゴマ、醤油、塩、ラベンダー、ミント、ワサビなどがあり、その種類はとても豊富です。

歴史

ソフトクリームのルーツは4000年前の中国といわれています。
長時間煮つめた牛乳を、雪で冷やして柔らかく固めて、糊状にした氷菓で、食感はシャーベットに近いものでした。
当時、牛乳はとても貴重な飲み物で、その氷菓はお金持ちのシンボルだったそうです。
1931年、アメリカ合衆国でアイスマシンとフリーザーを1つの箱に収めたオートマティック・ソフトサーブマシンが開発され現在目にするようなソフトクリームが誕生しました。

製法

基本的な原材料はアイスクリームとほぼ同一であるが、ソフトクリームの場合は調合した液体原料を、ソフトクリームフリーザーと呼ばれる専用の機械に直接投入し、機械の中で高速攪拌しながら-5℃~-7℃程度に冷凍させて原料の中に空気を注入させていき、一定の軟らかさが得られたところで原料を機械から取り出します。
一般的には回転している機械の中からレバー操作で搾り出します。
「なめらかな口あたりの良さ」と「出来立てのフレッシュ感」が大きな特徴です。

私たちに、「おいしさ」と「幸せ」を同時に与えてくれるソフトクリーム。この夏は何回食べることになるのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました